収納用品は買い足たさない

収納しきれないならば、収納用品を購入すれば解決しそうな気がするかもしれませんが、狭い部屋では、買い足した収納用品の置き場所にも迷ってしまうことになります。
置けば置くほど、くつろげる空間を狭くすることになり、圧迫感で居心地も悪くなることでしょう。
そもそも収納用品を増やしていいのなら、片付けは誰にでもできるので、収納用品を増やすということでは根本的な解決にはなっていないようです。
今ある収納用品だけで片付けをすることこそ、本来の片付けといえるかもしれません。

では、収納しきれなくなったけれども捨てられない物はどうすればよいのでしょうか?

捨てられるようになるまで待ってみることも一つの対処法かもしれません。
時間をかけて、捨てられるようになるまで待っている間にも、邪魔な物を毎日目にすることになりますので、そのうち捨ててもいいと思えるときがくるかもしれません。
そう思ったときこそ、捨て時のようです。

捨ててみた結果、まだ収納が足りないならば、部屋の中ではなく、外に収納スペースを確保することを考えることです。
特に、特定の季節だけしか使わないスキー用品やゴルフバッグなどかさばる物は、トランクルームなどを借りて収納するのが賢い方法かもしれません。
部屋の中だけで収納してしまおうとするとごちゃごちゃする部屋でも、別の場所に収納することで、部屋は片付いてスッキリすることでしょう。
預けたい荷物の量に合わせて、サービスをうまく利用するとよいかもしれません。

さらに不要になったものはリサイクルショップで買い取りしてもらったり、子供服などはネットオークションに出すという方法もあります。
まずは収納しきれなくなったものが必要がどうかを判断し、最適な方法を選ぶのがよいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です