捨てる?それともリサイクル?

物を捨てるというと、もったいないと感じて、とりあえず置いておこうと思ってしまうかもしれません。
そういうときは、少し発想を変えて、物を手放すと思ってみることです。
物に溢れた生活から解放されれば、気持ちもスッキリして、ストレスもなくなっていくかもしれません。

仕分けの方法はシンプルで、目の前にある物を、必要な物と不要な物に分けるだけです。
どうしても捨てられないものを無理に捨てる必要はありませんので、迷ったモノを入れる箱も準備しておくとよいでしょう。
必要なモノの基準は、使っているかいないかです。
例えば1年間使っていないものは、思い切って手放すようにするとか、期限を決めておくと捨てやすくなるかもしれません。

仕分けに時間をかけると、手放す決断が鈍ってしまいますので、時間をかけずどんどん仕分けをしていくことです。
保留にしたものは、日をあらためてチェックしなおすためにも、部屋の目立つところに置いておくとよいかもしれません。

それでも捨てることに抵抗がある場合は、リサイクルショップに買い取りをしてもらうという方法もあります。
また、自分でもオークションやフリーマーケットで売るのもよいかもしれません。
処分するよりも、誰かが使ってくれるほうが手放しやすくなり、不要になったものはリサイクルをするという気持ちで、物を丁寧に扱う意識が芽生えるようにもなります。

とはいえ、思い出の品、趣味で集めた物は、処分したりリサイクルに出すと、後悔ばかりが残ってしまうことになります。
そんなときは、新たな収納場所を作るしか方法はなさそうです。
トランクルームを利用すれば、大切な物をいつまでも状態良く保管することができます。
また、CDや写真などは、デジタルデータにして保管することもおすすめです。