万能アイテム、「突っ張り棒」

突っ張り棒はホームセンターなどで簡単に手に入る万能アイテムです。
壁と壁の間に取り付ければ、新しい収納を簡単につくることができます。
取り付ける距離が長くなれば、強度がその分弱くなるので、クローゼットや押し入れ、トイレ、洗面所などの狭い場所で利用すると効果的です。
押し入れに使って、洋服を掛けたり、フックを付けて取っ手付きのカップやバッグ、ベルトを掛けることもできます。
キッチンの上部に2本通すと、ワイングラスを下げることもできるようになります。
突っ張り棒を何本か渡して、その上に板を載せれば棚にもなりますが、あまり重いものには利用できないのが弱点かもしれません。

クローゼットや押し入れの上部のデッドスペースを有効的に利用するときにもおすすめです。
突っ張り棒を使うときは、棒の先にカットしたすべり止めシートを両面テープで張り付けると、強度が増すようです。

その他、突っ張り棒を靴の収納に利用すると収納力が2倍にアップします。
もともと突っ張り棒がついているものもあるようですが、後で付け加えることも可能です。
片方の靴はそ棚にそのまま収納し、もう片方を突っ張り棒にかけて収納するのです。
これは女性のヒールにおすすめで、ヒールを突っ張り棒に引っ掛けて縦に収納することで、スペース有効的に利用することができます。
さらには、突っ張り棒を壁にかけて、ヒールを壁に並べるように引っ掛けると、インテリアとして飾ることができ、棚に入りきれない靴の収納代わりにもなります。

さまざまな使い方ができる突っ張り棒は、狭い部屋の収納にはまさに必需品です。